活動内容

<過去の養成研修>

講師に吉浜美恵子氏(米国ミシガン大学社会福祉学大学院教授)をお招きし、ファシリテーター養成研修を重ねてきました。現在、延べ100名以上の参加者が研修を受講しています。

受講修了生は、行政関連機関、男女共同参画推進センター、医療機関、学校関係、公的支援団体、NPO法人、NGO法人、私的支援団体、福祉等施設、個人活動の場などで、グループ支援(サポートグループ)活動をされています。

【活動経歴】

2005年~2008年:財団法人東京YWCA 女性の人権委員会主催で、吉浜美恵子講師によるファシリテーター研修を年2回開催。その時の修了生有志が2007年サポートグループ研究会を立ち上げ、現在に至る。

<サポートグループ研究会 発足>

  • 2012年1月~2月 内閣府主催の東日本大震災被災地相談員研修が3県3市(郡山市、盛岡市、仙台市)で開催され、吉浜美恵子氏が講師の1人になる。サポートグループ研究会メンバーによるワークショップが開催され、当研究会はアシスタントを務める。

  • 2012年、2017年、全国女性シェルターネットシンポジウムの分科会において、サポートグループのファシリテーション研修を行う。

  • 2016年8月20日~21日 夫・交際相手から暴力(DV)を受けた女性のサポートグループ研修【基礎編】を開催。主催:(特非)男女暴動参画推進みなと 協力:サポートグループ研究会 後援:(特非)全国女性シェルターネット

  • 2016年12月17日~18日 夫・交際相手から暴力(DV)を受けた女性のサポートグループ研修(続編)開催。主催:(特非)男女暴動参画推進みなと 協力:サポート研究会 後援:(特非)全国女性シェルターネット

  • 2017年9月30日~10月1日 第20回全国シェルターシンポジウム2017 in 東京の分科会において、『暴力を経験した女性のためのサポートグループファシリテーション』を開催。

  • 2017年12月23日~24日 夫・交際相手から暴力(DV)を受けた女性サポートグループ研修(基礎編)開催。主催:(特非)男女暴動参画推進みなと 協力:サポート研究会 後援:(特非)全国女性シェルターネット

  • 2018年~ 主催団体としてファシリテーター養成研修の企画及び準備を行う。

  • 2018年9月1日~2日 ファシリテーター養成研修【基礎編】開催予定         共催:(特非)男女平等参画推進みなと(GEM)、協力:(特非)フォトボイス・プロジェクト、後援:(特非)全国女性シェルターネット

 

<サポートグループ勉強会>

  • 毎月一回、都内にて自主勉強会の開催(ケーススタディ、ロールプレイ)

  • 吉浜美恵子講師による、勉強会及びスーパーバイズ(年2回程度)

 

広告