活動理念

グループ支援は重要な社会資源です。

DVを受けた女性たちは孤立しがちです。グループでの支援は、同じような経験をした女性たちが語り合うことで、暴力を受けたのは自分だけではない、被害を受けた女性が悪いのではないこと、DVを生み出す社会的構造があることなどに、気づいていくためにとても効果的です。このようなグループ支援にはファシリテーションの技術が不可欠です。

ファシリテーション技術を体系的、実践的に学ぶ場は限られています。この研修では初めての参加者はもちろん、これまでの研修参加者にとっても新しい学びや気づきがあり、グループ支援の有効性を体験できます。ぜひ、共に学びましょう。

 

『私たちサポートグループ研究会が目指すもの』

・サポートグループのファシリテーションスキルのアップ

・男女平等の視点に立ち、ドメスティックバイオレンスのサバイバーの回復にグループの力を活用したサポートグループの普及およびファシリテーターの人材養成をする

・メンバー同士が継続的に研究会をもち、自主的に学びを深める

・グループによるファシリテーションの実践的学び

・講師を招いての研究会の開催

・個人スーパービジョンの実施

・男女平等の視点に基づいた専門的ファシリテーターの派遣

・ファシリテーター養成研修の実施

 

広告